テレアポは時代遅れ?電話営業を切り捨てない方が良い3つの理由!

テレアポは時代遅れ?電話営業を切り捨てない方が良い理由

テレアポは時代遅れだという言葉を耳にすることもありますが、テレアポは時代遅れだからと本当に切り捨ててしまっても良いのでしょうか?

結論から言うと、テレアポは今でも有効ですし、「やらない」選択をするのは非常にもったいない考え方です。

テレアポが時代遅れだといわれるようになった背景や、電話営業を切り捨てない方が良い理由などを詳しく解説します。

テレアポのコツ!電話でアポ取りするテクニック!法人営業の極意テレアポのコツ10選!電話でアポ取りするテクニック!法人営業の極意

テレアポが時代遅れだといわれる理由

アポインターのモヤモヤ

テレアポが時代遅れだという声は、昨今ますます高まってきています。

時代遅れだといわれるテレアポは、この先本当に消滅して行ってしまうのでしょうか?

現在のビジネス界において、テレアポがどのような位置に置かれているのかも含め、時代遅れだといわれるようになった背景を説明していきます。

テレアポに対するマイナスイメージの浸透

テレアポという営業スタイルに対する世間のイメージが、昔に比べて悪くなってきているということが、1つ目の理由として考えられます。

オレオレ詐欺や迷惑電話が横行したことで、「相手が不明な電話に出るとロクなことがない」という風潮が広まり、電話を使った営業を行うこと自体が難しい状況に立たされてしまいました。

また、実際にテレアポ業務に携わった結果、精神的に疲弊し、テレアポに対するマイナスイメージを抱いている人たちも少なくありません。

「テレアポ=悪」という考えを持っている人たちが、テレアポを続けている企業に対して「いつまでそのような時代遅れな営業を続けているのか」と抗議しているのは事実です。

しかし、「テレアポ=悪」という主張はあくまで消費者側もしくは労働者側の話であり、ビジネス界でテレアポの需要が消滅したわけではありません。

テレアポが辛い!辛さを改善する4つの秘策テレアポが辛いと感じる人に知ってほしい!辛さを改善する4つの秘策

Web集客時代の到来

テレアポが時代遅れだとされる理由として、Web集客時代が到来したということも背景にあります。

SNSや動画配信サービスなどの利用者は年々増え続けており、それに合わせてマーケティングの舞台もWeb上へと移動しつつあります。

Webを利用した様々な営業ノウハウが生み出される中で、テレアポ業務の非効率さや人的コストの多さが問題視されるようになりました。

実際にテレアポのみで成果を出すには、1日何百件、何千件と電話をかける必要があり、そのために多くの人手が必要となるのは事実です。

しかし、テレアポによる成果が出続けているということも、テレアポ業務を続けている企業が今でも多く存在していることから明らかです。

テレアポをビジネス手段として取り入れるべき3つの理由

ある程度のコストを必要とし、Webに比べて集客率も良くないテレアポですが、それでも多くの企業がテレアポを採用し、実際に生き延びています。

テレアポには「時代遅れだ」と切り捨ててしまうにはもったいない、企業にとってメリットとなる点が多くあるのです。

その中から、テレアポを取り入れるべき根拠となる3つの理由について解説します。

1.Web集客だけで存続できる企業はそれほど多くない

Web集客は確かにコストもかからず、1日に商品を売り込める件数が格段に上がるという点で魅力的ですが、実際に大きな成果を出せる企業はごく一部に限られています。

Webで儲けを出すためのノウハウも確立しているとはいえず、営業売り上げを確かなものにするためには、多くの企業がテレアポやメルアポ等も併用せざるを得ない状況です。

Webマーケティングはライバルが急増している

また、Webマーケティングの舞台に進出する企業が増えているということは、ライバルも増えているということになります。

どこまで手を広げるべきなのか、どのような戦略でWebマーケティングを展開していくべきなのかを検討し、他社より効果的なアピールがをしなければ成果は出せません。

Webマーケティングではアポを取る難易度が高い

Webマーケティングで成果を出すために必要な知識やテクニックは、テレアポでアポを獲得するテクニックより高度で専門的です。

その上、テレアポのように完成されたマニュアルもないため、自分で勉強するかコンサルタントを雇う必要が出てきます。

専門家を雇ったからといって確実に成果が出るとも言い切れない状況で、テレアポを切ってしまうのは得策とはいえません。

2.顧客のNOをYESに変えられるのはテレアポだけ

WebやDMを使ったマーケティングでは、直接顧客と話をすることができません。

そのため、顧客が一度興味ないと判断してしまえば、その時点で商品が売れる可能性が絶たれてしまいます。

どんなに興味を惹きつけても、買うか買わないかを決定する最後の迷いを晴らすことができなければ商品は売れません。

テレアポは会話を通して信頼関係を築ける

一方、テレアポであれば、会話の中で顧客との信頼関係を築いたり、相手のニーズや人柄にあわせて商品をアピールしたりすることができます。

そうすることで、一度必要ないといわれた商品を買ってもらえる確率が大幅に上昇するのです。

自社の商品に興味を持つ客を増やすことも大切ですが、増やすだけではビジネスは成り立ちません。

テレアポはより多くの潜在的な顧客に商品を買ってもらうために、現代のビジネス社会でも重要な役割を担っています。

テレアポの話し方のコツは?アポが取れるトークテクニック!テレアポの話し方のコツは?アポイントが取れるトークのテクニック!

3.新入社員の営業スキル向上に役立つ

Web集客はBtoC向けサービスでは効果を発揮しやすいですが、BtoB向けの商品を売り込む際には、今でも対面営業を行うのが主流です。

自社の商品を買おうか迷っている法人の顧客に対して営業を行うには、能力や経験が不可欠。

ノウハウを頭に叩き込んだだけでは、常に柔軟性と機転が求められる対面営業をこなすのは至難の業でしょう。

テレアポは新人社員の教育にピッタリ

そこで、対面営業と比べてハードルが低く、マニュアルも完備されているテレアポが役に立ちます。

新入社員が営業スキルを磨くのに、テレアポほど適した業務はありません。

注意

ただし、営業トーク自体の難しさではなく、電話を切られたり、1日何件も営業電話をかけることに疲弊してしまう新人がいるのも事実です。

人を雇うのにもコストがかかりますから、せっかく手に入れた人材を最後まで育てられるよう手厚くフォローすることも忘れてはいけません。

テレアポの効果をより一層引き出す方法

テレアポをするコールセンターの女性

営業戦術にテレアポを上手く取り入れ、生き残っている企業は多くあります。

他の企業に大きく差をつけられてしまう前に、テレアポのデメリットをカバーするための方法やより確実にテレアポの効果を得るための方法を知っておきましょう。

Web集客とテレアポの併用で相乗効果を得る

Web集客と同時にテレアポを行うことで、テレアポの弱点である非効率さをカバーでき、人的コストの削減にも繋がります。

一度商品に興味を持った客に電話をするため、相手に商品をアピールしやすくなり、Webから客を集められるため、むやみに人材を増やして架電数を稼ぐ必要もなくなります。

テレアポを集客のためのツールではなく、集めた顧客に商品を丁寧に売り込んでいくためのツールに変えていくのです。

そうすることで、より確実に売り上げが伸び、テレアポを活用した新人教育を行う場も整うでしょう。

プロに代行してもらい確実にアポを獲得する

どうしても人的コストが気になる場合は、プロの企業にテレアポ業務を委託してみましょう。

依頼料はかかりますが、確実に成果が出るため、リスクを背負って人的コストを支払うよりも良い結果が約束されます。

完全成果報酬のテレアポ代行

完全成果報酬で営業代行を行っている「株式会社コミットメントホールディングス」では、全国にいる1万2千人ものプロのアポインターがテレアポ代行を行っているため、時間とお金を無駄にすることなく、テレアポの成果を得ることができます。

「株式会社コミットメントホールディングス」のテレアポ代行サービスの詳細は、「https://www.office-com.net/teleapo/」のホームページからご確認ください。

テレアポを賢く利用し今後のビジネス界で生き残ろう!

テレアポの性質を正しく理解し、Webマーケティングと併用していくことで、確実に売り上げを伸ばすことができるようになります。

顧客との信頼関係を築き、潜在的なニーズを引き出せるのがテレアポの利点です。

時代遅れと切り捨てるのではなく、テレアポ代行サービス等を利用し、テレアポのデメリットを上手くカバーできるかどうかが、今後のビジネス戦略の要となっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA